お知らせ

2020/12/11

下敷きのサイズについて

こんにちは!下敷きドットコム(研美社)のブログへようこそ。
今回は、お客様からよくお問合せ頂く下敷きサイズについて、自社実績や調査を元に情報提供させて頂きます。

ズバリ!下敷きサイズについてのお話しです。
今時下敷き!?って思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、弊社では年間に40万枚の販売を行なっております。
主流はやはりA4サイズ・B5サイズですが、中にはA3サイズやA5サイズ、その他オリジナルサイズ(159×152、106×210、85×124)等々変形サイズも昨今増えてきております。

下敷きというと小学生の文房具の1つとイメージされる方も多いと思いますが、
小学生が使用する教科書・ノートサイズはどのようなサイズ感なのかご存じでしょうか?

教科書はB5サイズが一般的であり、使用するノートもB5サイズが主流です。
一方で学校からの配布物(宿題プリント、案内・連絡書類)はA4サイズが多いみたいですね。
もちろんA4ノートを使用されている子どもさんにB5サイズ下敷きだと一回り小さく不安定になってしまいますので、
大は小を兼ねるの点からもA4サイズ下敷きも多くご採用頂いているのかと考えております。

また、配布する下敷きのデザイン内容もサイズに関係しているのでは?と思っております。
教材使用される図や細かな説明がデザインされる下敷きは比較的A4サイズが多いです。
たくさんの情報や見やすく表示するという点で、大きい方が断然視認性も良くなるので当然ですね。

鉛筆で書いたり、消しゴムで消したりできる練習下敷きは子どもさんの体のサイズに合わせてB5サイズが
圧倒的に多く、目的・使用シチュエーション等を考えてサイズ決定する事が大切です。

product_box1_img1.jpgproduct_box8_img1.jpgproduct_box2_img1.jpgproduct_box4_img1.jpgproduct_box3_img1.jpgproduct_box5_img1.jpg

企業様の技術紹介、スポーツクラブチーム様の選手紹介・地域貢献活動PR、教育関係様の卒業記念下敷き等々、
複数種類での作成、サイズのご検討、下敷き仕様(耐水・販売・書き消し・小ロット)についてもお気軽にご相談頂ければと思いますので、作成ご検討でしたら是非お問合せ下さい!宜しくお願い致します。

> 各種下敷きの制作料金表

> 下敷きの作成はコチラ